公式ブログ

2020.10.08

Culture shock!!

おはようございます。

 

10月にはいり、中秋の名月をみるころになって

朝晩がぐっと冷え込んできましたね。

 

今年の夏がものすごく暑かったので、

急に寒くなった印象をうけます。

 

寒くなってくると、風邪をひくことを注意しなければなりません。

特に今年はコロナがありますからね、皆さん、お気をつけください。

 

さて、コロナと言えば、

春先には、コロナの流行により緊急事態宣言が発出され、

自粛期間が続きました。

 

「おうち時間」とか、「新しい生活様式」とか

いろいろ言われますが、不安のために外出もままならず

自由にならない時間を過ごした方も多いと思います。

 

この自粛期間の影響により、日本の経済は悪化しているわけですが、

なくした物は、お金だけではないと思っています。

 

まず、我々は大切な「時間」を失いました。

令和二年の四月や五月というのは、その時にしかなく、

そのときにしか出来ないことも多くあったと思います。

 

特に、学生さんたちは、入学や卒業の時期に重なったり、大事な大会が中止になったりと

その年しか出来ないことを、棒に振った方も多かったと思います。

 

また、お金、時間の消失だけでなく、我々は「文化」というものも

失いつつあります。

 

分り易いところで言えば、「お茶」ですね。

茶道の世界では濃茶を回し飲む作法がありますが、現在の世の中の風潮では

なかなかできないことでしょう。

 

また、歴史的建造物の文化遺産などに関しても、

観光客が訪れることで維持費を賄っているところもありますので、

自粛生活が続き、観光客の激減が続くようであれば

そういった歴史的建造物の維持も危機になってくる可能性もあります。

 

また、歴史的な文化だけでなく、新たな未来も奪う可能性があります。

 

新たな未来、それは子供達の「笑顔」です。

とある記事で、「マスク生活により子供達の表情が少なくなった」

というものを読みました。

 

我々人間は、生後二ヶ月から、大人の表情を読み取り

人間の表情というのを学習していくのだと聞いたことがあります。

病気にならない、させないためにつけているマスクが

子供たちの「表情」を奪う。とても恐ろしいことだと思います。

 

我々の業界の運転手達も接客をするにあたり、

マスクを着用しています。

もちろん、表情は読み取り辛いものになると思います。

 

ですが、つばめグループでは数年前から「笑声」という

ひとつのキイワードが、合い言葉のように言われています。

 

タクシー運転手が他の接客業と大きく違う点は、お客様に背中を向けていることです。

その背を向けているお客様に、運転手の気持ちが伝わるよう

「笑顔の声」で話しかけなさいと言うことです。

 

マスクをして、表情が読み取れない昨今、まさに「笑声」が重要なのではないでしょうか。

 

このコロナ禍において、「失うモノ」と「失わないようにするモノ」の取捨選択は

必ず起きてくると思います。

その時に、歴史や未来がなくなるのは非常に悲しいことです。

 

来月113日は文化の日。

明治天皇の誕生日でもあり、「自由と平和を愛し、文化をすすめる」を旨とした日です。

マスク警察、自粛警察と、取り締まるのは簡単なことかもしれませんが、

日本人には、自由と平和、文化の意味をもう一度感じ取って欲しい今日この頃です。

戻る

お問い合わせ

お問い合わせは下記までお気軽にご連絡下さい。
メールでのお問い合わせは24時間年中無休受け付けております。

【求人案内ダイヤル】
TEL 0120-385-219(ミヤコニイク)
メールでのお問い合わせはこちら

アクセスマップ

都タクシー株式会社
〒460-0007
名古屋市中区新栄3-35-16
TEL:052-261-3611

関連リンク

つばめタクシーグループ

ウェルカムバスケット|お引越しおまかせ

プレミアムハイヤー

協同モータース

ページの先頭へ