公式ブログ

2019.07.04

お前が打たなきゃ誰が打つ

名古屋はいま、
「お前」問題で渦巻いています。

ドラゴンズの応援で「お前が打たなきゃだれが打つ」という言葉の
「お前」が子供に悪影響を与えるということで、自粛という形になったからです。

このニュースが一気に拡散してしまい、監督が非難されるわ
ワイドショーで取り上げられるわ、問題が大きくなってしまいました。

私は名古屋人の例にもれず、ドラゴンズファンですが、
正直、「どうでもいい」問題です。

どうせなら、ドラゴンズには野球の方でもっと話題に上がってもらいたいですし、
ニュースとして取り上げる側も、参院選、消費増税、G20と、
話題にしなきゃいけないことは、数多いと思います。

ま、会社の公式ブログでとりあげてる私がいうのもなんなんですが……。

しかしながら、日本語という言葉、言葉の種類によって上下関係が生まれてしまう
非常に難しい言語です。

我々サービス業に従事するものも、まさかお客様のことを「お前」とは呼びませんし、
逆にお客様から「お前」扱いされては、従業員も快くは思わないでしょう。
いくら、「お前」という言葉がもとを辿れば「御前」であり、
神仏や貴人を敬う言葉であったとしても、今はやはり、見下されてると思ってしまうでしょう。

最近では、
「従業員を奴隷のように扱わないでください」とか
「従業員に対し、横柄な態度をされるお客様はご退席願います」など、
サービス業の場で、客に対し警告を促す張り紙を時々目にすることがあります。

本来、サービスを提供する側と、客は対等な立場でなくてはなりませんが、

「お客様は神様です」
という言葉があるように、また、
「サービス過剰」
とも言える日本企業のサービス合戦が、客を増長させてしまい、
人権問題にまで発展しかねない、客と従業員間のトラブルが多いようです。

人工知能、AIが、人間の仕事を奪うなんてことを言われていますが、
客と従業員間のトラブルが多発すれば、サービス業に従事するのはすべて
コンピュータなんてことにもなりかねません。

そんな世の中は寂しいですよね。

サービスを受けた側が、「ありがとう」と言う世の中が、健全な世の中だと私は思いますし、
そういう世の中になって欲しいと願っています。

次の参議院選挙では、
「先生」と呼ばれて増長してしまっているような議員を生み出さないよう、
しっかりと未来を見据えて投票しなければと思う、今日この頃です。

A.N

戻る

お問い合わせ

お問い合わせは下記までお気軽にご連絡下さい。
メールでのお問い合わせは24時間年中無休受け付けております。

【求人案内ダイヤル】
TEL 0120-385-219(ミヤコニイク)
メールでのお問い合わせはこちら

アクセスマップ

都タクシー株式会社
〒460-0007
名古屋市中区新栄3-35-16
TEL:052-261-3611

関連リンク

つばめタクシーグループ

ウェルカムバスケット|お引越しおまかせ

プレミアムハイヤー

協同モータース

ページの先頭へ