公式ブログ

2019.03.19

名古屋グルメのはなし その3

こんにちは。

春の足音が近づいてきたというのに、ここ数日は寒い日が続きます。
例年、桜の開花宣言は、20日くらいといわれているので、
そろそろ、桜も咲いても良い頃かと思われますが、
まだまだ、コートや暖房のお世話になる日も多そうです。

さて、桜と言えば、「花より団子」。

久しぶりに名古屋グルメの話をしようかと思います。

今回は、比較的新しい、名古屋グルメ「台湾まぜそば」です。

「まぜそば」なるラーメンが、出始めたのが、私としては、まだ最近だと意識があるのですが、
その中で、「台湾まぜそば」は、あっという間に名古屋ラーメン界を席巻したと感じています。

とある名古屋の有名ラーメン店が、メニューとして開発したのがきっかけのようです。

もともと、名古屋には「台湾ラーメン」というスープのラーメンが地域に根付いておりました。

私の持論として(グルメ研究家でもなんでもないんですが……)

「他の麺類が、名物として根付いている場合、ご当地ラーメンは流行らない」

というのがあるんです。あくまで、私の持論ですよ……

ご存知の通り、名古屋には

きしめん、味噌煮込み……と、2大麺類名古屋グルメがあります。
それにも関わらず、台湾ラーメンというのは、名古屋を代表するグルメとなったわけですから、
いかに、これが名古屋人の口に合い、そして、美味しかったのかというのが伺いしれます。

余談ですが、この台湾ラーメンは、台湾には「似た麺類」があるのですが、
それは、似て非なるもので、名古屋の台湾ラーメンは、台湾に逆輸入され、
「名古屋ラーメン」として売り出されているとのこと。すごいですね。

さて、その台湾ラーメンの別バージョン、台湾まぜそばですが……

私は大好物です。

唐辛子、にんにくなどで辛く味付けした挽肉(名古屋では台湾ミンチといってます)が
トッピングされ、辛さと美味さが、あとをひきます。

コツとしては、トッピングされた、台湾ミンチやネギ、ニラなどを全部食べきらないこと。

どうしてかと言うと、麺を食べたあとに、「追いメシ」なる白い御飯が待っているので、
これを僅かにのこる汁と、具材を混ぜ合わせて食べるのが、また格別なのです!

はっきり言って、この「追いメシ」が食べたくて、台湾まぜそばを食べていると言っても、
過言ではありません。

少し辛いなとか、味変したいなというときは、酢を投入するのもオススメ。

食べる人間に食べ方を任された名古屋グルメ。

それが、台湾まぜそばなのかもしれません。

A.N

戻る

お問い合わせ

お問い合わせは下記までお気軽にご連絡下さい。
メールでのお問い合わせは24時間年中無休受け付けております。

【求人案内ダイヤル】
TEL 0120-385-219(ミヤコニイク)
メールでのお問い合わせはこちら

アクセスマップ

都タクシー株式会社
〒460-0007
名古屋市中区新栄3-35-16
TEL:052-261-3611

関連リンク

つばめタクシーグループ

ウェルカムバスケット|お引越しおまかせ

プレミアムハイヤー

協同モータース

ページの先頭へ