公式ブログ

2018.12.28

タクシーの語源

私はいろいろとつまらないことにこだわる正確で、特に語源というものを気にします。

私たち運輸業の間でも、ここ数年は、「サービスが必要だ」とよく言われてきました。

一般の方々は、サービスというと、何を思い浮かべるでしょうか?

「コレひとつ、サービスしておくよ」

というのは、買い物をするときによく聞くことばです。
日本人の感覚の中では、サービスというのは、「無料」という概念が色濃くありますが、
経済のサービスは、「満足」であり、有償・無償を問いません。

サービス・おもてなし・ホスピタリティ・接客・接遇・・・・・・

サービス業でいろいろな言葉が乱舞していますが、このあたりの感覚を統一できない点が、
顧客と、サービス業の間で、いろいろなトラブルが起きる原因の一端ではないかと、私は思っているのです。

では、タクシーという言葉は、どこに語源があるのでしょうか。

タクシーは、皆さんがご存知の通り「TAX」、税から来ています。

タクシーが、税金と何が関係あるの?と、僕もはじめは思いました。

タクシーの正式名称は、taximeter cab です。

この正式名称は、ほとんど業界人でも知らないでしょう(笑)

直訳すると 「料金計量器運転席」となるでしょうか?

開発途上国などのタクシーは、ほとんどが運転手の「言値」で、料金が決まっていて
その点、お客様の目に見える料金メーターが装備されているというのは、
安心できる点ではないでしょうか?

最近、業界では、このメーターを積まない、いわゆる「白タク」が問題になっています。

外国人が許可をとらず行っている違法なものから、
スマホで、一般の人がバイト代わりに行う海外の新たなサービスまでいろいろです。

皆さんが目にしているタクシー料金のメーターの中には
「安心」の料金も含まれています。

事故やトラブルがあったとき、「白タク」では、いったい誰が責任を負うことになるのでしょうか?

自動運転の抱える問題も、そこにあると言われています。

政治のトラブルが発覚した際、よく言われる「責任の所在」。

便利・安価だけを優先する世の中では、責任の所在が不確かになってしまうのではないかと
一抹の不安を覚える今日この頃です。

A.N

戻る

お問い合わせ

お問い合わせは下記までお気軽にご連絡下さい。
メールでのお問い合わせは24時間年中無休受け付けております。

【求人案内ダイヤル】
TEL 0120-385-219(ミヤコニイク)
メールでのお問い合わせはこちら

アクセスマップ

都タクシー株式会社
〒460-0007
名古屋市中区新栄3-35-16
TEL:052-261-3611

関連リンク

つばめタクシーグループ

ウェルカムバスケット|お引越しおまかせ

プレミアムハイヤー

協同モータース

ページの先頭へ